政策と信念

信念と決意

私は、自分だけの感情や思いだけで進めないようにするため、事実確認と、その問題を把握し勉強すると同時に、常に家族をはじめ支援者の方や後援会の方への報・連・相(ほう・れん・そう)をしています。
私は、常日頃から事実確認することを心掛けおり、自分で考えた事を49%、あとの51%は、支援者の方や後援会の方をはじめ市民の皆さんの考え、この二つを合わせて100%として判断をしていくことが若い私の考えであり、これこそが私の信念となっております。

 

現在の日進市議会議員は、総勢20名で。70代1人、60代11人、50代4人、40代2人、30代2人となっており、日進市議会の8割を50代以上の方が占めている(平成28年12月現在)ため、「若い世代」の意見を議会に反映させる責務をいつも強く思っております。
私は、第一優先に「市民の安全」と同時に「子ども達の安全」をキーワードに「交通安全」「防犯」「防災・減災」「防火」に関する課題に取り組むため、議員としての活動だけでなく市民活動にも参加し、「率先垂範」を行いながら、私の人生をかけて取り組んで行きたい。

未来を担う世代にとってより充実した社会を実現するための道のりは、市民の皆さまにとっては、良いことばかりではなく、我慢をお願いすることも多々あるかと思います。
そのため、一人でも多くのご意見を伺いながら「日進市の未来」を皆さんと一緒に創っていきたいと考えております。
私は、皆さんのご意見を市政にお届けできる「きなかけ」となって邁進してまいります。